初心者に優しい問い合わせプラグインのWPForms Lite | Money Balance Blog

初心者に優しい問い合わせプラグインのWPForms Lite

問い合せフォームを設置しよう!

ワードプレスでブログを始めたら、問い合せフォームを設置した方がいい。何かあった場合に連絡ができると問題が大きくなりません。例えば、無料素材サイトの写真を使っていたとします。そして、その写真の著作権を主張する人がいたとします。

この場合、トラブルを避けるため、その写真を使うのをやめればいいんです。無料素材サイトの写真を使っているんだから、問題はありません。だけど、問題はない!と主張する必要はないんです。その写真の掲載をやめればいいんです。

このときに、きちんと連絡できるようになっていなければトラブルが大きくなってしまいます。写真の著作権を主張する人だって、いきなり訴えるなんてことはありません。著作権を主張する写真の使用をやめて欲しいと連絡してくるはずです。

きちんと連絡できるようにしておくことは大事です

ブログの作成者・著者が、どこの誰だか分からない。名前や住所、電話番号だけでなく、メールアドレスも分からない。問い合わせフォームなど連絡手段がないとなると、訴えるしかないんです。

逆に、ブログを気に入ってもらって、スポンサーになりたい!なんてことはほとんどありません。だけど、問い合わせフォームなど連絡手段があれば、もしかしたら、広告を載せて欲しい!なんてことも絶対にないとはいい切れません。

ワードプレスで問い合せフォームを設置するのって、初心者だとちょっと難しいんです。問い合せフォームのプラグインといったら、Contact Form 7が有名です。確か、日本人が作成してるプラグインだったはずです。日本製ということもあって、問い合せフォームのプラグインを検索すると、Contact Form 7をすすめていることが多いです。

初心者でも問い合せフォームを設置できるWPForms Lite

だけど、このブログでは、Contact Form 7ではなく、WPForms Liteをおすすめします。WPForms Liteなら、初心者でも簡単に問い合せフォームを作成し設置できます。このブログで使っている問い合せフォームは、サンプルのまんまです。つまり、作成していないんです。

問い合せフォームのところに、メールアドレスを表示しているのは、Contact Form 7を使っていたとき、バージョンアップしたら、送信できなくなっていたことがあったんす。新規に問い合せフォームを作成し、設置するときは、試しに送信するんです。だけど、プラグインを更新したときに、試しに送信するころとはなかったんです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました