CocoonとLuxeritasで「この記事を書いた人」を吹き出しで設置! | マネーバランス .com

CocoonとLuxeritasで「この記事を書いた人」を吹き出しで設置!

スポンサーリンク

「この記事を書いた人」を吹き出しで設置!

ワードプレステーマのSANGOには、「この記事を書いた人」を設置する機能があります。

CocoonとLuxeritasでも「この記事を書いた人」を設置することにしました。

「この記事を書いた人」の機能のないCocoonとLuxeritasでは、吹き出しを使うことにしました。

 

同じ吹き出しを使ってる

SANGO、Cocoon、Luxeritasで同じ吹き出しを使ってるんです。

それで、CocoonとLuxeritasでは、吹き出しを使うことにしたんです。

同じなので効率がいいんだけど、ただの手抜きなんですけどね。

 

「この記事を書いた人」として問題ない

「この記事を書いた人」としては特に問題ないと思います。

Cocoonでは、ウィジェットの「投稿本文下」に貼りました。

Luxeritasでは、「記事下ウィジェット」にしたんだけど、なぜか表示されなかったんです。

それで、「記事下ウィジェットよりさらに下」のウィジェットに貼っています。

 

吹き出しなので、アイコンが表示できる

吹き出しを使うことで、簡単にアイコンを表示できたんです。

アイコンはなくてもいいんだけど、アイコンがあったほうがいいと思います。

アイコンにしていますが、本人の写真なら、もっといいと思います。

 

誰が書いた記事が分かる

「この記事を書いた人」があると、誰が書いた記事か分かるんです。

どこの誰が書いた記事か分からないより、少しでも分かったほうが安心でです。

プロフィールに書いてあっても、プロフィールを確認する人は少ないですからね。

 

だんだんSANGOに近づけてる

人気の無料テーマのCocoonは高機能で使えば使うほど良さが分かります。

使いやすい無料テーマのLuxeritasは、とっても高速なんです。

有料テーマのSANGOも使ってるんですけど、だんだんSANGOに近づけてるんでです。

 

SANGOは、ほぼカスタマイズしてない

SANGOとCocoonとLuxeritasを使ってますが、ほとんどSANGOは、カスタマイズしてないんです。

無料テーマのCocoonとLuxeritasでも問題ないんです。

けど、設定を変えたり、簡単なカスタマイズしてるんです。

 

有料テーマでもいいと思う

SANGOは有料だけど、公認子テーマのPORIPUも有料なんです。

有料テーマは、平均でだいたい1万5千円くらいなんです。

でも、カスタマイズに2日かかれば元が取れるって思うんです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました