レンタルサーバーのメリットとデメリットは使い方によって違う! | Money Balance Blog

レンタルサーバーのメリットとデメリットは使い方によって違う!

レンタルサーバーのメリットとデメリット

レンタルサーバーには、初心者向きもあれば、上級者向きもあります。法人向きのレンタルサーバーもあります。

レンタルサーバーのメリットとデメリットは使い方によって違うんです。

だから、使い方や目的にあったレンタルサーバーを選ぶことが大事なんです。

 

初心者向きのレンタルサーバーを選ぶ基準

  1. 初めてでも使えること
  2. 月額料金が安いこと
  3. プランが変更できること

 

特に初めてのレンタルサーバーの場合は、使いやすいってことが何より重要です。

本当は、月額料金は安くなくてもいいんです。だけど、初心者は、月額料金が安いレンタルサーバーを選ぶことが多いんです。

初心者の場合、アクセスが増えたときのことまで考えてレンタルサーバーを選ぶのは難しいので、プラン変更ができることが条件になります。

 

中級者・上級者向きのレンタルサーバーを選ぶ基準

  1. 高機能レンタルサーバーであること
  2. 100万PV/月でも問題ないこと
  3. 自動バックアップ機能があること

 

1ブログで100万PV/月ではなくても、いくつかのブログの合計で100万PV/月ってことはあります。

高機能レンタルサーバーには、自動バックアップ機能があることが多いです。

中級者・上級者なら、コントロールパネルにcPanelを採用しているレンタルサーバーがおすすめです。

cPanelを採用しているレンタルサーバーは、高機能なのに月額料金が安くコスパがいいんんです。

だけど、cPanelを採用しているレンタルサーバー初心者には難しいんです。

 

法人向きのレンタルサーバーの選び方

  1. 法人向きのプランを選ぶ
  2. 法人専用のレンタルサーバーを選ぶ
  3. 専用サーバーを選ぶ

 

中小企業なら、法人専用のレンタルサーバーを選ぶことが多いと思います。

法人といっても個人事業主みたい場合は、 ロリポップのエンタープライズプランやスターサーバーのビジネスプランでもいいと思います。

個人に人気のエックスサーバーなら、中小企業にぴったりなんじゃないかと思います。

エックスサーバーには、人向けレンタルサーバーのエックスサーバービジネスがありますので、エックスサーバービジネスが間違いないと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました